2008年10月18日

「見張りいぼ」って何ですか?

「見張りいぼ」ってお聞きになられたことはありますか?
実は私も最近になってから知ったのですが、子供の、しかも女の子によくある症状のようです。

見張りいぼの発端は、便秘に始まります。

一般的に男の子より女の子のほうが便秘になりやすいとよく言われています。

便秘により、硬い便が排出され、肛門に傷(いわゆる切れ痔)をつくり、その結果、周りの皮膚に腫れが生じ、その腫れが「見張りいぼ」と呼ばれているのだそうです。

ちなみに、この見張りいぼは、名前こそ「いぼ」と呼ばれていますが、痔の分類としては、いぼ痔ではなく切れ痔に分類されます。

ひどいものになると、肛門に痛みが生じ、肛門から出血することもあるそうです。

また、肛門癌のように悪性のポリープではないか?と、心配される方もいらっしゃいますが、悪性ではなく良性になりますので、その心配はなさそうです。

大きさは一般的に米粒くらいの大きさです。

ちなみに余談ですが悪性の腫瘍と言えば、舌の病気の中で「舌癌」というものもあるということを知りました。

腫瘍ってなんでもありなんだな、と思いました。

さて、便秘に始まり、切れ痔を経由し、見張りいぼになるという、何とも辛いサイクルですが、この悪循環はさらに増してしまう傾向にあるそうです。

その理由は、切れ痔や見張りいぼが激痛を伴う(切れ痔は、痔の中でも最も痛みが激しい痔)ため、排便を我慢してしまうことが多くなり、その結果、更なる便秘を招き、更なる症状の悪化につながってしまうというものです。

ですから、仮に良性のポリープであったとしても、切れ痔が伴う症状であるため、そのまま放置したり、独自で治療しようとするケースが少なくありませんが、自力で治すのを試みるのではなく、できれば専門医に診てもらうほうが、悪循環に陥ることなく、症状の改善も早くなるかもしれませんね。

健康って、本当に気をつけたいものです。そう言えば、グルコサミンなんていう健康食品を最近知りました。体の芯から変えて行こうと思っています!いざ、トライ!
ラベル:いぼ
posted by ほほえみ at 19:09| Comment(0) | いぼ治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。