2008年10月25日

いぼ治療でハッピーライフをゲットするとは?

さて、これまで、いぼに関する内容をいろいろと述べてき訳ですが、そもそも当サイトの目的である「いぼ治療でハッピーライフをゲット」するとは、詰まるところどういうことか?

ということについて、お話したいと存じます。

そもそも当サイトを作るに至った経緯には、私自身、幼いころよりいぼに悩まされたことがあり、今なお、背中に小さないぼが存在しているからです。

「いぼ治療」とタイトルにも謳いながら、なぜ、私が背中のいぼを治していないのか?

誤解があるといけないので、申し上げるのですが、私は、過去に二回ほどいぼ治療をしています(小学生の頃の話です。)。

ですが、今、成人になって背中にいぼがありますが、治していません。

これは、時間がないからでもなく、お金がないからでもありません。

治す必要がないと思っているからです。

当然、プールや温泉や銭湯に行ったときには若干目立ちますし、気にもなります。

ではなぜ、小学生の頃にはいぼを治療し、今になって治療を行っていないのか?

その理由は、

「焦点」

に違いがあるからです。

小学生の頃は、いぼがあることで友達にいじめられる、あるいは、馬鹿にされるということを避けることを第一優先にしていました。

成人になってからは、仕事がきない、あるいは、家庭が維持できなくなることに恐怖を覚えているため、そのことを第一優先にしています。

ここで、いったい何が言いたいのかというと、人は人生のステージ、またはステータス(地位)などによって、自然に焦点が変わってくるということなのです。

成功コーチのジェームス・スキナー氏はこれをVAK(焦点・言葉・解釈)と言っており、まず自分の焦点を変えることの重要さを説いています。

つまり、その時点でのハッピーライフをゲットするには、「何に焦点を当てる必要があるか?」ということなんです。

小学生や思春期の頃は、自分の身体など外面的なことにウエイトを置く傾向が強く、成人以降は、内面的なことに気をかける傾向があります。

ですから、「いぼ治療でハッピーライフをゲットする」というのは、あくまで、自分自身が「そのこと」に焦点が当たっているときだけなのです。

いぼがあったとしても、ハッピーライフをゲットするのに、必ずしもいぼ治療は必要ありません。

自分自身に自問自答してみましょう、今、自分はいぼのことが気になっているか?あるいは、なっていないか?

前者であれば、早めに治療することをおすすめします。

そして、体の中から自分を高めて行きましょう。たとえば、大豆イソフラボンのようなサプリメントを摂取するとか、ほんの小さなことで構わないと思います。


そうすることで、あなたはハッピーライフをゲットできるでしょう。
posted by ほほえみ at 21:36| いぼ治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。