2011年02月04日

グルコサミンとコンドロイチンを摂って関節痛が改善する

老齢になって動き難くなるのは、筋力が衰えるより関節が痛くなるからだそうです。

グルコサミンとコンドロイチンが有名ですよね。

このグルコサミンとコンドロイチンは関節痛の原因の一つ、軟骨の磨り減りを改善する効果があるそうです。

要はグルコサミンとコンドロイチンが軟骨を作る材料になるそうです。

そのためグルコサミン配合の健康食品やサプリメントがたくさん出ていますね。

自然食品だとカニやエビなどの甲殻類の外殻がグルコサミンの材料になるそうです。

グルコサミンとコンドロイチン、そしてヒアルロン酸を同時に摂取することで軟骨の生成を助け、関節痛や腰痛などの痛みが改善し和らぐようです。

高齢化社会で老人が増えたからなのか、今ではグルコサミン+コンドロイチンは凄く有名になりましたね。

自分は使っていないので効果のほどはわかりませんが、今では健康食品の一角を担っていますね。
ラベル:健康食品
posted by ほほえみ at 01:54 | TrackBack(0) | 健康・栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。