2012年01月19日

にんにく卵黄とコレステロール

卵の食べ過ぎはコレステロール値を高くしてしまう、ということを耳にしたことはないでしょうか。

確かにひと昔まえはそのようにいわれていますが、近年の研究でそれは間違いであるということが明らかになりました。

卵には、コレステロール値の安定効果が期待できるレシチンという成分が豊富に含まれています。

つまり、卵を食べ過ぎてもコレステロール値が過度に高くなるということは、ほとんどないのです。

また、にんにくには血液をサラサラにする働きがありますので、レシチンとの相乗効果でより高いコレステロール値の安定が期待できますよ。

ただし、卵アレルギーをお持ちの方は、にんにく卵黄の摂取は控えるようにしてくださいね。

どうしてもにんにく卵黄を摂取したいなら、医師に相談することをおすすめしたいと思います。
ラベル:にんにく卵黄
posted by ほほえみ at 23:25| 機能性食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。