2012年10月25日

ドライアイには物見る環境整備を!

ドライアイの改善に当たっては、”物を見る環境”に問題がないか見直してみましょう。

目に優しい環境作りがとても大切なのです。先ず、モニター画面は見下ろす位置にします。

視線を上に向けると目を見開く面が大きくなり、その分涙が過剰に蒸発します。エアコンの乾燥した風も目に直接当てないことです。

乾燥した風は、涙を蒸発させてしまいます。

また、室内の湿度は50%前後を保つようにします。

特に冬期間の暖房は室内を乾燥させますので、手元に温湿度計を置き、時々チェックしながら保湿対策をしっかりやりましょう。

ドライアイ用メガネや加湿器の利用、霧吹きや洗濯物の部屋干しなども効果があります。

また、室内照度やモニター画面の見やすさにも注意します。

パソコン使用時の1時間毎の10〜15分間の休息などワークスタイルも見直してみましょう。
ラベル:ドライアイ
posted by ほほえみ at 13:34| 治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。