2008年09月21日

「いぼ人」っていぼがいっぱいある人のこと?

「いぼ人」ってご存知ですか?

「『いぼ』がいっぱいある人のこと」

では、決してありません。

小さなお子さんは、友達にいぼがある子のことを「いぼ人!」なんて決して言わないでくださいね、友達が減りますから(注)

さて、いぼ人というのは、アフリカに実在する民族のことを言います。

より正確な言い方としては「いぐぼ」という言い方をするようです。

いぼ人は、黒人系の単一民族の中では最大級の民族だと言われており、その多くはナイジェリアの東南部で生活を営んでいます(ナイジェリア人口の約20%を占める)。

その他の地域では、ギニアやカメルーンなどにも多くいると言われています。

「ふーん、で、その民族はいぼが多いって言うの?」

いえ、そんなことはありません(爆)

「このサイトと、何か関係あるの?」

いえ、全く関係ありません。

強いて言うならば、当サイトは「いぼ」サイトを自負しているため、今後もあらゆる「いぼ」に纏わる話を展開していきたいと考えてるため、あ・え・て入れさせていただきました。

もう一つ、全く関係のない話をさせていただきますと、ケールってご存知ですか?最近人気のあるサプリみたいですよ(笑)

話をもとに戻しますと、もう少し付け加えると、いぼ人が使う言葉はなんと「いぼ語」でしゃべるのです(こちらも「いぐぼ語」というふうにも言われたりします)!

ちなみに、私は実際に聞いたことはありませんが(爆)

ただ、いつかアフリカに行ったときには、いぼサイトの管理人として、しっかりと確認して来ようと思っています。

ナイジェリアでは公用語のひとつとしても、認められているようですよ。

「いぼ」はアフリカでは非常に重要な位置を占めているのです。
ラベル:いぼ
posted by ほほえみ at 11:35| Comment(0) | いぼ治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

いぼいぼが急にできたら医者へGO!

みなさん、自分の顔に急にブツブツができたらどうしますか?

「ん〜、これは『にきび』か?」
「あれ、『いぼいぼ』が急にできたぞ?何だろう?」

おかしいと思ったら即、お医者さんのところへ行ってください。

そんな悠長なことを言っていると痛い目に遭うことがあります!

実は、私はそれで痛い目に遭ったことがあるのです。

数年前ですが、そういう状態が起こってから3・4日ほど普通に会社に出勤していたことがありました。

会社の同僚や先輩からは「ん?なんかプツプツが出てるけど、大丈夫かー?」と言われたものの、

「あー、心配ありません!もともと私、皮膚弱いんです。小さい頃からにきびできたり、いぼができたりそんな体質なんですよー」と。

そして、その夜、熱がでました。

「んー熱っぽいな、おかしい・・・医者に行かなきゃ・・・」

と思いつつも、そのまま仕事に。そして・・・

パタッ

「ん!?」

「おい、どうした!?大丈夫か!?お〜い!お〜い!お〜い!・・・」

気がついたら、休憩室に横たわっていました。そして、すぐさま病院に駆け込みました。母親に連れられて・・・

その日、医者から病名を知らされました。

「んー、これは水疱瘡(みずぼうそう)ですね。」

「は?・・・みずぼうそうって・・・」

・・・実は、私は幼い頃に水疱瘡にかかっていなかったのですね。運悪く(笑)。

その後、体感したことですが、ハッキリ言って、成人してからの水疱瘡はキツいです!寝返りすると患部が布団やパジャマに当たって滅茶苦茶痛いのです!最終的には口の中や目の中、そして足の裏に至るまで、ありとあらゆるところにブツブツができました(もちろん今は完全に治りましたが、跡が残る場合もあるそうです)。こんな状況が一週間以上続き、ほんと悲惨でした(しかも私は当時接客業をやっていたので、小さなお子さんに移ってはいけないからと言われ、しばらく会社には出社できませんでした。)。

ですから、ブツブツが急に体にできてしまったときは、即医者に行かれたほうがいいです。これ、ほんとです。

そう言えば、男性のためのサプリメント?を紹介させていただきます。
それは・・・ノコギリヤシです!参考にしてみてください^^
ラベル:いぼ
posted by ほほえみ at 21:47| Comment(0) | いぼ治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

首いぼって??

前回、加齢(老化)により発生するいぼとして、顔いぼ(老人性角化腫)があるというお話をしました。

今回ご紹介するいぼも加齢によるものです。

そう、それは「首いぼ」と呼ばれるものです。

別名、軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)とも呼ばれ、横文字(カタカナ)ではアクロコルドンとかスキンタッグとか言われています。

発症年齢は、顔いぼと同様に早ければ20代〜30代、通常は5、60代の人に多い症状だと言われてます。

症状の特徴としては、まず、大きさが数ミリ程度で、感触はやわらかくブツブツしており、首の下にできる他、脇の下にもできたりします(発生する際は一か所ではなく複数個所に発生する模様)。皮膚が弱く薄い箇所にできやすいようです。また、色は黒っぽいものから薄茶色ものもあり様々です。

こちらの症状も良性のものであるため、特段、健康上注意しなければならないものではありませんが、やはりボトルネックは見た目のコンプレックスや美容的観点といったところでしょう。

治療方法もやはり顔いぼと同じく、液体窒素療法やメスでの切り取り、レーザー治療法などが挙げられます。

ちなみに参考情報として、首いぼも顔にできることがあります。
発生したいぼがどの種類で何なのかなんて、正直、専門家ではないため、わからないことが多いのではないでしょうか?

ですから、まず、どんな症状であれ、患部が気になるのであれば、あれこれ考えず、素直に専門医に相談することが、一番早く解決できるものと考えられます。

あ、ちなみに今、美容では平子理沙さんをモデリングしてまーす!
ご参考まで。
posted by ほほえみ at 22:08| Comment(0) | いぼ治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

顔いぼは老化のシンボル?

「顔いぼって、顔にできるいぼのことでしょう?」

そのとおりです。

非常に当たり前のことなんですが、顔にいぼができたら、単に事実を確認するだけでなく、それ以上のことを考えたいものです。

顔いぼの別名はご存知でしょうか?

そう、別名(正式名称)で老人性角化腫(ろうじんせいかくかしゅ)と呼ばれており、読んで字のごとく加齢によって発生するイボのことです。その他、老人性イボだとか、脂漏性角化腫とも呼ばれています。

つまり、あなたの顔の皮膚が年を取ったかもしれないということなんです!!これはとても重大なことではないでしょうか!?

もちろんこれまで、お話してきたような尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)や青年性偏平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)であることもあります。

ただ、年齢的に30代になるころから(場合によっては20代で発症することも)5、60代にかけて、この老人性角化腫が発生するケースが多いそうですので、症状等をよく理解し、必要に応じて、食生活やライフスタイルを見直すなど、若々しく保つための工夫をされると良いかと思います。

さて、肝心の症状ですが、悪性ではないため、放っておいても身体に支障はありません。ただ、見た目には、いぼの表面がザラザラしていたい、色は黒っぽい色をしているため、美容的観点ではNGと言えるでしょう。

治療方法としては、液体窒素療法が一般的と言えるでしょう。その他、大きさや症状などにより、メスで切り取ったり、レーザー治療法なども挙げられます。









ラベル:いぼ
posted by ほほえみ at 21:00| Comment(0) | いぼ治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

水いぼは感染しやすい・・・

唐突ですが、水いぼというのはご存じでしょうか?

「聞いたことがある」

という方も多いかと思います。

これまで「いぼ」といったらヒトパピローマウイルスが感染源と説明してきましたが、この水いぼはこれまでのいぼとは違います。

水いぼは、別名(正式名称)伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)と呼ばれており、伝染性軟属腫ウイルスというウィルスにより感染するものです。

小さな子供(1〜5才くらい)がかかりやすいのが特徴です。

感染ルートは様々であり、お風呂場やプール、保育園などで直接接触することで感染したり、場合によってはタオルの共有などにより感染することもあるそうです。

大きさは1〜5ミリ程度のサイズが一般的です。
症状としては、表面に光沢があり、瑞々しく艶ややかで、プヨプヨしています。

たいていは、痛みや痒みなどの自覚症状はなく、数週間から数か月で自然治癒するケースが多いそうです。

ただ、一か所にできることは稀で、ほとんどの場合、複数個所に連鎖的に発生するため、見た目には気持ち悪いので、そういう人は専門医に相談し、治療することも検討されると良いでしょう。

あと、他人の子どもに移してしまうことを考えてると、やはり、早めに治療に行くことが懸命と思われます。事実無根であったとしても、水いぼがあることによって、「○○ちゃんから移された〜」なんて言われたら、あとあと、親同士・子供同士で関係が悪くなったりいじめなどお問題になる可能性もあるかもしれないので・・・










ラベル:いぼ
posted by ほほえみ at 20:00| Comment(0) | いぼ治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

いぼの治療方法!B

さて、次にQスイッチレーザーについてです。

【Qスイッチレーザー】

Qスイッチレーザーの特徴は、力強いエネルギーを溜めて、それを一気に放出して治療するというテクニックを使います。

さて、その効果ですが、(前回ご紹介した)炭酸ガスレーザーが水分のある組織を取り除くのに対し、Qスイッチレーザーは黒っぽい色素にだけ反応し、その細胞だけを破壊するというものです。

ですから、正常な肌色部分の細胞を傷つけることなく、その上、傷痕も残らない治療法として知られています(しかも治りが早い)。

ただ、黒っぽい色素にだけ反応するということは、いぼの中でも色のついていない部分には反応しないため、その部分は取り残しが発生してしまい、再発の可能性があるということになります。

つまり、1回だけで除去できることは稀であり、「複数回の治療が必要となるケースもある」ということを、心構えとして持っておくといいかもしれないですね。

さて、これまで3回に渡り、いぼの治療方法について、長々と話をしてきましたが、「うんちくなんかどうでもいいわ!私のいぼの症状はどうなの?これは治るの?治らないの?どんな方法が一番いいの!?」という声がが聞こえてきそうです。

ここで、焦る前に今一度、現状をよく振り返ってみたいと思います。

いぼ治療については、専門医に相談することが一番です。

しかし、専門医に相談したとは言え、最終的に治療方法の決断を下すのは、間違いなく自分自身になります。

そこで、治療方法がいくつかわかったところで、自分のいぼはどういう状態であり、また、自分はどういう治療方法を望んでいるのか?という点をはっきりさせる必要があります。

この点について、十分に専門医と意思の疎通を図り、誰もが納得した治療を受けることが最善策であると考えられます。

そのためには、いぼに関する知識をもう少し原点に戻り、様々な予備知識を手に入れてから、治療に望むほうが最終的に大きく後悔するよりはよっぽど良いと思います。

あ、そう言えば、歯列矯正にいってみたいな。
ラベル:いぼ
posted by ほほえみ at 23:23| Comment(0) | いぼ治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

いぼの治療方法!A

さて、前回の続きでBレーザー治療法についてご紹介したいと思います。

レーザー治療法では、一般的に次の二つのやり方が主流です。

・炭酸ガスレーザー
・Qスイッチレーザー

その中でも今回は炭酸ガスレーザーに焦点を当てたいと思います。

【炭酸ガスレーザー】
炭酸ガスレーザーの治療方法は、レーザーエネルギーを使って、患部であるいぼの組織を瞬間的に水蒸気にして蒸散させる方法です。

効果としては、なんと言っても、ほとんど出血させることなく、しかも傷が治るまでの期間が早いという点です。
 
ただし、深度の調整が難しいことから、一回の治療でいぼの細胞を完全に除去することができず、取り残しが発生してしまい、あとになって再発してしまう可能性があることが欠点としてはあります。

なお、治療後のアフターケアですが、術後一週間は、たいてい朝晩2回に分けて遮光クリームを塗るようにします。

ただ、遮光クリームを塗った場合、女性の方は、その部分だけお化粧することができないという点がネックですね(必要に応じてカムフラージュメイクも考えても良いかと思います。)。

あと、日焼けは大敵です。術後数カ月間は日焼けに注意したほうがいいです。

なぜかと言うと、治療後に新しい皮膚が作られるわけですが、その際に色素沈着と言って、メラニン色素が1箇所に集まって、シミなどの原因になってしまうからです。

日焼け止めクリームは必需品ですので、外出する際は必ず塗るようにしたいですね。

その他、ハイドロキノンと言われる薬物治療との併用も効果的であると言われていますが、適量を間違えると、白斑といって、肌の一部だけが真っ白になってしまうというリスクもあるそうですので、事前にお医者さんによく話を聴いておくことをおすすめします。

ボトックスはなかなか人気みたいですね、ふと、思いだしました。
ラベル:いぼ
posted by ほほえみ at 23:11| Comment(0) | いぼ治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

いぼの治療方法!@

さて、今回はいぼの治療方法です。

いぼの治療方法は大きく分けて次の3つになります。

@薬を塗る
A液体窒素療法
Bレーザー治療法

今回は@とAについて詳細をご説明したいと思います。

@薬を塗る
まず、薬で治療するという方法です。いぼに塗る薬としては、一般に性器いぼ治療用のクリームとして、イミキモド(べセルナクリーム)が有名です。

主な効能としては、免疫力を高めたり、ウイルスの増殖ををおさえる力があります(ウイルスを完全に除去できるものではありません)。

数週間から場合によっては数カ月に至るまで何度も塗らなければならなかったりするため、「薬で治す」と言う場合は根気が必要です。

また、イミキモドは他のいぼ用の薬に比べ、患部への刺激が少なくて済みますが、その分、効果も薄いと言われています。

A液体窒素療法

最もスタンダードな治療方法と言われています。
超低温の液体窒素(約−200℃)を患部に当てることで、瞬間的にいぼを形成している組織を壊死させるものです。

効果に個人差はあるものの、通常、一回の治療で治ることはなく、一週間に一度の割合で数週間から数か月程度の通院が必要となります。

デメリットとしては、結構な痛みが伴うことが挙げられ、場合によっては水ぶくれも発生することがあるのだとか。その他、治療後であっても患部に痛みが続くこともあるそうです。

ただ、表面に突起状で現れているケースでは、ほとんどの場合が適用可能な治療方法であるためポピュラーな治療方法であることに間違いありません。

目頭切開が今、私のなかで熱いですね〜^^
posted by ほほえみ at 21:39| Comment(0) | いぼ治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

いぼの分類・・・自分のいぼは?

前回、お話したように、いぼの性質としてウィルスによる感染の可能性があるため、今回はいぼに焦点を当てたいと思います。

まず始めに、いぼの中にも複数の種類が存在することを認識していただきたいと思います。

いぼの分類は次のとおり分類されますが、発生原因はすべて、前回お話したヒトパピローマウイルス(Human papillomavirus:HPV(通称))によるものです。

@尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

通常「いぼ」と呼ばれているものはこれになります。

一般的に手・足の指やひじ・ひざなどの間接や顔、足の裏などにできるものです。外的な刺激を受けやすい箇所に発生するのが特徴です。

尋常性疣贅の厄介なところは、患部が気になって、自分であれこれいじったりすると、増殖してしまう可能性があるという点です。

子供の頃などによくできたりするのが、このいぼです。

A足底疣贅(そくていゆうぜい)

読んで字のごとく、足の裏にできるイボのことです。

魚の目やたこと間違えられやすい症状です。シロアリの巣(蟻塚)のように表面がゴツゴツした形が特徴です。

B青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)

尋常性疣贅と同様にウィルス性で顔や腕などによくできます。

症状としては、しみのように平たく、表面はなめらかな小さな突起で薄茶色をしています。

また、複数に群がることもあるそうです。

C尖圭コンジローマ(せんけいこんじろーま)

一般に性器いぼと呼ばれるものです。

発生箇所は男女を問わず、陰部のほかに肛門の周辺にできたりします。

発生原因は性感染によるものです。

たとえ方は様々ですが、一般的にカリフラワーに似ていると言われています。

さて、ザッとご説明いてきましたが、次回はいぼ分類がわかったところで、治療方法についてご説明していきたいと思います。
ラベル:いぼ
posted by ほほえみ at 18:17| Comment(0) | いぼ治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

いぼと魚の目、たこの違いは?

今回、いぼと魚の目、たこの違いについてお話したいと思います。

【いぼ】

まずは、いぼについてです。いぼは別名で疣贅(ゆうぜい)と呼ばれており、100種類以上もあるヒトパピローマウイルスというものに感染してできる「かたまり」のことを言います。これを一般的にウイルス性疣贅と呼んでいるそうです。

【魚の目】

次に魚の目です。魚の目は別名、鶏眼(けいがん)と言われ、皮膚の角質層(何層にも連なる皮膚の中で一番表面にある皮膚)の異常が原因で起こるものです。いぼとの大きな違いとして「痛みを伴う」ことが挙げられます。

【たこ】

最後にたこですが、こちらは別名、胼胝(たこ、べんち)と言います。たこは、皮膚の角質層が分厚く硬くなった状態のことです。通常、足の裏など靴との摩擦や圧力などを受けることで発生し、大きなものは痛みを伴う場合があるようです。

これらの違いで一番重要なことは、いぼ(疣贅)は魚の目(鶏眼)や、たこ(胼胝)とは違い、ウィルス性であるため、感染の可能性があり、放っておくと他の部位に同じような「かたまり」ができるばかりか、他の人にも移してしまうという点です。

ですから、いぼ(疣贅)を自分で勝手に(あるいは外部からの衝撃により)削ったりすると、かえって症状を悪化(数が増える)させてしまう原因にもなりかねないということです。

いかがでしたか?

いぼ(疣贅)については、もう少し詳細について掘り下げて見てみたいと思われませんか?

次回は、いぼについて気になられた方のために、いぼの種類についてお話できればと思います。


ラベル:いぼ
posted by ほほえみ at 16:47| Comment(0) | いぼ治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。